FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受胎告知

というタイトルだと誤解を生みそうですが。


キリスト教の聖書のワンシーンです。
聖母マリアが大天使ガブリエルから受胎告知を受ける。

キリスト教絵画は宗教絵画としてもっとも数が多いと思いますが
受胎告知の絵も様々な画家が描いている。


私は勉強するまではレオナルド・ダ・ヴィンチの描いた絵しかしらなかったけど。


部屋に受胎告知のポストカードがあります。
いつだったか父が学会に行った先で遊びに行った美術館のお土産。

これはエル・グレコの作品ですけど。

キリスト教美術にはイコノロジーが詰まってる。
改めて見ると面白いくらいに。

イコノロジーというのは、まぁ簡単に言っちゃうと宗教画では描かなきゃいけないとか描いちゃいけないとかいうお決まりごと。

例を挙げれば頭の上についてる輪。

その中で一つ面白いのは
「キリスト教美術のキリストの目はどこにいても自分を見ているようにしなくてはいけない。」

というイコノロジーがあったそうです。

それを聞いて思い出したことがありました。
小学生の時に学生玄関の正面にある階段を上った踊り場の右手側に聖母マリア彫刻絵画が下げてあったんです。

通り過ぎるとマリア様の目が自分を追う
と、友達と盛り上がってました。

そういうどこに焦点があってるでもない瞳の描きかたをしていたのかもしれません。


そんなイコロジーが撤廃されることになってからの描き方の違いを見てみると
今まで画家の欲求を縛ってきたのがよく解る気がする。

私はどちらかと言うと絵画よりも遺跡の方が好きだけど 衝撃的な出会いは絵画にもある。

あぁいう衝撃はシックスセンスだと感じます。


たかが20の娘がシックスセンスを何百年も前の絵画に感じることは
何百年経っても人の感性って変わらないのだと思ってみたり。


だとすると、今自分たちの時代で何百年後の20の娘にシックスセンスを感じさせる文化って何だろう。


それを考えると少しぞくっとする。

大事なのは発達し続けることだけじゃない気がするから。
AUTHOR: tanikei IP: 121.108.36.145 DATE: 11/13/2007 23:53:17 俺は和物が好きですが、その技術や、 もっと身近に言えば墓参りの仕方など、俺らの世代って本当に構成に遺せるのか不安ですな。 ひ孫あたりが「みこし?何それ?」とか言いそうで不安でありまする。
     

コメント

Secre

     
Profile

Cherry

Author:Cherry
hello,my name is Chieri.
日本以外でも親しみをもたれてcherryと呼ばれるように。国際的な女性になるように。


Radio365にて
「CHERRYのチョコレートバニラ」を一旦放送終了後

Radio365オフィシャル番組
「Music Channel!!」
にてサブパーソナリティとして参加

現在自分の番組「CHERRYのチョコレートバニラ」を
リニューアルスタート!!

DJ CHERRYです。
日々夢をかなえるために奮闘中。


人に優しく 自分に厳しく

人生笑ったもん勝ち

@AnairiCHERRY

Twitter < > Reload

L'Arc~en~Ciel
new story
new comment
CATEGORY
counter
LINKS
search
RSS link
come on!

この人とブロともになる

QR
QRコード
TODAY's CD
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。